ダイソーのメイクブラシクリーナーはオススメです

美容
Pocket

私は毎日メイクでリキッドファンデーションを使っているのですが、その際パフではなく資生堂のファンデーションブラシを愛用しています。

3年ほど前から使うようになったのですが、リキッドファンデーションがきれいに伸びてくれるので、鼻の際や毛穴などをとてもきれいに隠してくれるお気に入りグッズです。

 

だいたい2日に1度洗うようにしているのですが、以前は中性洗剤で洗っていたところ、使って洗ってを繰り返すうちにブラシの毛が固まってきてしまい買い替えることに。

まぁこんなもんなのだろうと思っていたのですが、ある時にダイソーでメイクブラシ専用のクリーナーを見つけてから、メイクブラシの保ちが格段に良くなりました。

スポンサーリンク

ダイソーのメイクブラシ専用クリーナー

その名の通り、メイクブラシの汚れを落とす専用のブラシクリーナーです。

内容量は150mlでもちろん100円。

中性洗剤でしか洗ったことがなかっただけに、値段も100円だから効果もそれなりだろうと思っていたのですが、これが良い意味で私の思惑を見事に裏切ってくれました。

 

このクリーナーで洗うと、筆の毛の隙間に入り込んでいたファンデーションをきれいに洗い流してくれるので、中性洗剤で洗ったものと比べて乾いた後もブラシがボソボソと固まることがありません。

他のメーカーからもブラシクリーナーは発売されていますが、私はダイソーのもので十分です。

ブラシの洗い方(雑ですみません)

私はブラシでファンデーションを塗ったあとに、パフで少し押さえて余分なファンデーションを取っています。

この上からフィニッシュパウダーを使うだけでフワフワ肌の出来上がりです。

ちなみに使っているパフは、キャンドゥの4個入り100円のもの。

①ブラシクリーナー(約10ml)程度を容器に入れます。

これはたしかセリアで買った記憶です。笑

まぁ容器はなんでもOK。

毎回きっちり10mlを計っているわけでもありません。

結構テキトーな感じで入れています。

②ブラシを入れてクルクルします。


ちょっと動かしただけでこの汚れです。

この汚れの蓄積がブラシの傷みを早めてしまいます。

③仕上げに中性洗剤で洗い流します。

 本当は柄の部分はあまり水につけない方が良いのですが、ズボラな私はザバザバ洗います。

手の平に中性洗剤を1~2滴ほど垂らして、その上でブラシをまたクルクルします。

④最後に水気をよく切り乾かす。

しっかりと水気を切ったらこんな感じで乾かします。

下の土台は箸置き。笑

長持ちさせるためにもブラシクリーナーはおすすめ

資生堂のブラシで1本2,000円くらいするので、そうしょっちゅう買い替えるのはあまりリーズナブルではないですよね。

100円のクリーナーであっても、これを使うか使わないかで使える期間はグンと変わってくると思いますので、同じようにファンデーションブラシを使われている方には本当におすすめです。

 

いつでもきれいなブラシを使うと気持ちが良いものです。

でも洗い方はあまり真似しないでくださいね。笑

 

P.S

私が使っているファンデーションとブラシはこちらです。

どちらも使いやすくお気に入りです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました